2018年01月17日のつぶやき


2018年01月15日のつぶやき


ANA284

さて所要も無事終わり帰宅の運びになった徳島旅行。

阿波踊り空港へは徳島駅からリムジンバスで移動。約30分、440円。
空港について前日通りチェックインしようとしたところちょっとひと騒動ありましたがこれもご愛敬。前日通り出発ゲートわきにあるカードラウンジで出発までまったりと酎ハイをいただく。200円、良心的www。

搭乗便はANA284。搭乗アナウンスがありいそいそと出発ゲートへ。前日と同じ4番ゲート。今日は3F、、、(涙)。今回も富士山を外してしまった。。。。。搭乗率は前日より悪い5割りってところか。

定刻16時20分にドアが閉まり、すぐさまプッシュバック開始。滑走路の東端、 29N6より滑走路へ進入、停止せず加速後離陸。
西側へ離陸したためまずは左180度旋回。徳島港を眼下に、右手手前に小松島港、奥に那賀川さらには、 阿南を見ながら軽く右旋回をして紀伊水道を南東の方向に進路を。蒲生田岬沖を通過したあたりで左に軽く旋回。 紀伊半島の先端、 潮岬が見えてきたあたりで薄い雲がかかり地形の確認が徐々に難しく。さらに高度を上げたところで雲の上に抜け完全にアウト。

しばらくすると雲の切れ間から海が。 東京行きなので行きよりも沖合いを飛行中の模様。

16時55分、高度を下げ始めたところでアナウンスがあり17時5分にサービスを終了するのと着陸態勢に入るのでトイレには今のうちにとのこと。
伊豆七島が右下に見えてきたので、石廊崎あたりかなと思っていたらアナウンスで雪をかぶった富士山がみえるとのこと。5列越しの窓からちらっと見えました。夕日が当たって赤富士だった、きれかったなー。
感傷にふけっていてもしている間に機体は大島上空を通過。さらに東進しながら軽く左に旋回。奥手に三宅島もはっきり見えます。

17時5分、右旋回開始。進路を北に。
17時8分、エンジンのパワーを少し上げたのでこれから高度を下げると予想。続いて右旋回したところシートベルト着用のサインの後着陸態勢に入ったとのアナウンス。さらに右に少し旋回。 右下に房総半島がなかなか見えてこない。東京湾を北進して浦安上空を通過しB滑走路を22側から、もしくは直進してC滑走路34Rからの進入と予想していたのだけどどうも予想進路と違うみたい。続いて左旋回。機体を立て直したところで眼下に灯りが見えてきました。遠くに九十九里浜らしき地形が確認できたので多分鴨川あたりから進入した思われます。高度を下げながらエンジンの推力を上げます。 前方には京葉工業地帯の灯りが見えてきました。しばらくして左にターン。左下にアクアライン、 さらには木更津アウトレットらしき灯りが確認、その後アクアラインを右下にみながら飛行。 海ほたるも確認できました。

17時24分、ランディングギアをダウン。 東京湾の船舶が大きく見えてきました。使用するのはD滑走路、23側から進入。
17時25分、タッチダウン後一気にブレーキ。D滑走路からタキシーウェイを使って直進、C滑走路を横目で見ながら第二ターミナル57番ゲートに向かいます。
17時28分、機体が停止。

ああ、疲れた。

ANA281

所要があり徳島に。ANA281を予約。朝6時前に家を出てYCATからバスで羽田空港到着は7時15分。マイレージを使ってなので発券はカウンターで。発券後は早々にセキュリティを通過してカード会社の優待特典をが使えるラウンジで用意されていたクロワッサンで朝ご飯を。

搭乗ゲートは502番。搭乗予定締め切りはバスを利用するため通常よりは早めの時間。という事でラウンジを8時半に出てゲートへ。搭乗率は7割くらいかな?
3台目のバス(最終バス?)で509番駐機場、タラップを使っての搭乗は久しぶりな感じ。
機材はエアバス320、座席は19A、機体の左窓側。予想進路で言えば富士山が見えるFがよかったなーと思っていたら、定刻5分遅れの9時にプッシュバック開始。スタッフの皆さんの整列を待って、9時7分滑走路へ移動開始。

タクシーウエイを川崎方向へ。 C滑走路34Rから離陸するかと思っていたら端っこのEからAにターン。 さらにSでターン。4番目の離陸、S1から端っこの05でD滑走路へ進入。 吹き流しを見る限り西の風(向かい風)4から5mって感じ。

9時22分、D滑走路離陸後、右側に45度旋回。 さらに高度を上げるながらもう一度右に旋回。
木更津上空に差し掛かるあたりで旋回し進路を南に。 眼下には房総の街並み、さらには東京湾を横切って横須賀、城ヶ島へ進入後に右旋回して進路を西に。
Fならなら富士山が見えたのですがAなのでしばらくは海しか見えないのが残念。

9時33分、右手に遠くに大島、手前に初島を見つつ、伊東あたりから伊豆半島を横ぎり駿河湾へ。 静岡市あたりから本州上空へ。新東名を常に左下に、遠州灘をながめながらのフライト。

9時47分、浜名湖上空通過、すぐに三ケ日ジャンクションも通過。豊橋上空から渥美半島、三河湾を横切り知多半島、伊勢湾も横切って亀山付近から紀伊半島上空に。左下奥手には伊勢志摩が見えます。
ここのところの寒さで紀伊半島の高い山々も雪化粧、 その先は厚い雲にも覆われて地形を確認できません。 左手遠くには紀伊半島の南から太平洋がキラキラしています。 しばらくは雲しか見えずどこを飛んでいるのか不明。

10時4分、シートベルト着用のサイン。 最終の着陸態勢に入ったことがアナウンス。
備え付けの翼の王国の地図で念のため確認してみると紀伊半島高野山上空から紀ノ川沿いに進み和歌山あたりから紀伊水道に。直進で徳島空港のはず。

10時8分、右に旋回、高度を下げ始めます。 感覚的には地図に書かれていた経路より南っぽい感じでしたが、雲が切れて地形確認。やっぱりそんなことなかった(笑)。和歌山港を左下に見ながら紀伊水道へ進入。 Fなら関空が見えてるんだろうなー、うらやましいなーと思いつつ、機体は右に軽く旋回。紀伊水道を北西に進路を。
左手遠くに四国が見えてきました、遠目に阿南の工業団地も見えています。

10時13分、左に軽く旋回。機種を徳島空港に向けた模様。

10時15分、ランディングギアを出して抵抗感をましたところで左手前方には吉野川の河口が、 その向こうに眉山がみえてきました。
徳島空港には風の関係で東側進入のようです。補助翼全開ですがフラップも動かすことなく気流は安定しているようです。

10時18分滑走路進入、そしてタッチダウン。

管制塔を見ながら3番からタキシーウェイへ進入、ターミナルへ。ターミナルの一番東側4番ゲートを使用するとのこと。マーシャラーがパドリングで誘導しています。

10時22分機体が完全停止して到着。
定刻より7分、機内放送で案内があった予定時刻よりは2分遅れで到着!!

2018年01月11日のつぶやき






2017年12月26日のつぶやき